ブログ
blog

【エウレカ】

交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」劇場版だよ。大丈夫かな?心配だ。心配だ。勝手に期待と不安が同居する。

今日はこの話題でもちきりのはず。仕事どころじゃないね。

ポルトプラディアブログは毎週金曜日の定期更新です。次回は3月24日です。

【悲しみの置き場とか】

photo_20170310

バスに揺られ、窓越しの雨の街並みを眺めながら出勤する。広がる、慌ただしく余裕のない出勤の風景。雨の中、傘もささずに必死に走る男性に自分の姿を投影して、思わず目を閉じた。かすかに香る香水の匂いとエンジンが停まった静寂。耳に雨の音が響く。降車時、居合わせたおばあちゃんと先か後か譲り合い、なかなか決着がつかずに思わず二人して声に出して笑う。ちょっと朝からほんわか幸せ代表ウルシバラです。

だいぶ前の話だが、よく耳にしたバンドが
「気が付けばいつだってひたすら何か探している。
幸せの定義とか、悲しみの置き場とか。」
なんて歌ってたなぁ。なんて、急に思い出した。

幸せの定義。私にとっての幸せ。晴れた暖かい日。子どもたちの寝息。ちょっと美味しい料理。気持ちのよい音楽。クライアントさんとの打合せ。きちんと結べた靴紐。夕焼けの海岸。嫁さんとのハグ。いつまでも終わらない会話。調律のとれた笑い声。仲間たちの笑顔。笑点の時間。おばあちゃんとの譲り合い。バッグの片隅の飴。下から漂うコーヒーの香り・・・それはもう、挙げればキリがない。あまり気にはしていないが、子どもたちが生まれてから、幸せを感じる頻度が多くなったと思う。

悲しみは、私の悲しみはいつも宙ぶらりん。明確な置き場がないのでいつもぶらぶら、心のなかに不安定にある。あれから6年。いまだ癒やされることの無い被災者の心の痛みは計り知れないものであろう。遺族の悲しみの置き場はどこなんだろうな。3.11。あの日テレビで見た景色は、きっとこの先も私にとっての幸せの定義と、悲しみの置き場を思い出させる。

ポルトプラディアブログは毎週金曜日の定期更新です。次回は3月17日です。

【キャプチャ】

たまーに。ウェブサイトを印刷したいって入れます。たまーにね。

印刷用のものを作ることも可能ではありますが、実はChrome拡張機能の【Awesome Screenshot】なんてどうでしょう?って話です。無料だし。

まず、Chromeを使ってない人はChromeを使ってください。んで、【Awesome Screenshot】をインストールしてください。右上に【Awesome Screenshot】のボタンが表示されるので、そのボタンを押してください。そうすると、【Capture visible part of page】【Capture selected area】【Capture entire page】があります。この3つのいずれかでキャプチャがとれますので、お好みの方法でキャプチャして印刷までできます。
別ページが開いて、キャプチャをちょこっと編集することもできますが、そのまま【Done】を押して完了すれば、ダウンロードや印刷し放題です。

色々便利に使えます。印刷用にカスタマイズしなくてもこうゆうのもいかがでしょ?

ポルトプラディアブログは毎週金曜日の定期更新です。次回は3月10日です。

【ウルシバラ家のプログラミング教育】

photo_20170224

子ども成長とともに増える悩み事。ここ数年は子どもの習い事に頭をかかえていたりする代表ウルシバラです。ポル子さんは現在ピアノを習ってはいるが、レッスンの楽しいと厳しいのジレンマを抱えつつ、最近はパパのギターに興味を示している。ポル太さんはこれからピアノを初めたいとのことであるが、家族でバンドをしたい私としては是非ドラムを習っていただきたいと密かに願っている。

習い事とまではいかないが、ウルシバラ家では私のデザインやプログラミングの仕事の様子をちらちら見せて、少しづつ楽しさを教えてみたりしている。モノを作ることや絵を描くこと自体は嫌いじゃない傾向があるようで、体質としては私に似ている部分もあるのか、それともただ単に単純なのか、意外と簡単にこのエサに釣られた。

先日はかんたんなプログラミング環境である「Scratch」で遊ばせてみた。Scratchは、子ども向けに利用されているビジュアルプログラミングを用いたプログラミング環境である。ビジュアルプログラミングとは?って難しいことを考えることはなく、パズルを組み立てるように、用意されている「命令」を、組み合わせるるだけで実行できるプログラミング環境である。「ほら、サルが動くねー。」「あれ?サルの色が変わったねー。」みたいな簡単なことから初め、徐々に難易度をあげていくわけであるが、二人はまだそのレベルまでの興味は無いようである。

ただ平面的なアニメーションをつくるプログラミングだけではエサとして弱いならば、日頃興味を示し、よく遊んでいるブロックを巻き込んでしまおうと考えるのが大人のずる賢さ。その二つを叶えるためのツールが、実は世の中には存在するのである。それはレゴマインドストームKOOVである。レゴは言わずもがな、ブロックの代名詞である。KOOVはまだ発売したてなのであるが、ソニーが開発したロボットプログラミングキットで、とても良くできている。

とりわけブロックが大好きな二人なのでプログラミングもやはり興味のあるものを動かせるようになるという点は重要かと。自分の作ったロボットがプログラムで動くようにできる。今までであれば手動で戦わせていた二人であるが、いつの日かパソコンを前にお互いのロボットが戦い合う日を夢見て。まぁ、そこまで飛躍的に何かが起こることは少ないであろうが、プログラミングの重要性は世間的にも認知されていることであるし、経験としては良いかな。

ただレゴもKOOVも価格的にもお安くはないため、おためしで買うことは若干の勇気が必要であるが、子どもの将来のための投資と捉えるか、これもまた悩ましい懐事情で悩みが尽きないわけである。

ポルトプラディアブログは毎週金曜日の定期更新です。次回は3月3日です。

【フッ化ナトリウム】

知覚過敏が酷くて、ついに重い腰をあげて歯医者に行くかと思いきや、評判のいい「コンクールジェルコートF」を購入。なかなか高価な歯磨きジェルで勇気が入りましたが、これで改善されればと期待しつつ。

レビューにもあったように、歯がツルツルします。それが長持ちする印象です。高い殺菌力も売りのようで、これが効いてるのかもしれません。水歯磨きに近い感覚で、泡立ちもしないので、時間をかけて丁寧に磨くことができてる気がします。

残念なのは、事務所と家と近所のドラッグストアで探しましたが、どこにも売ってなくて結局通販てとこ。継続してよければ大人買いかな。

ポルトプラディアブログは毎週金曜日の定期更新です。次回は2月24日です。